トップ

AWDのスバルからクロスオーバーSUV“SUBARU XV”登場

livedoor HOMME - livedoor ニュース2012年09月28日 12時00分

水平対向エンジン、シンメトリカルAWDなど、他メーカーとはひと味違った個性を放ち、根強い固定ファンも抱える富士重工業から、スバル XVを10月5日より発売すると9月25日に発表された。

スバル XVは、ベースとなるインプレッサの地上高を上げ実際の悪路の走破性や、イメージとしてのワイルドさなどを高めた派生車種という印象がある。XVというネーミングは旧モデルのインプレッサがマイナーチェンジした時に登場したため、そのイメージを大きくは超えられなかった。

ところが今回のXVは、現行インプレッサの登場から半年強遅れて登場したものの、その企画は同時進行していたはずで、その分「XVとはどういったクルマなのか」がわかりやすく明確化されている。

コンセプトは「Urban Adventure」−−−日本語に訳すと「都会の冒険」だろうか。
XVがジャンルとして属する「クロスオーバーSUV」は、一般的なSUVより車高が低く、乗降性、駐車場事情などを含め普段の使用に適している。それでいて、非日常的なシーンにも似合いそうなスタイルが、「いつも見ている街中でも何か新しいことを探したい」という願望を叶えてくれそうな、そんなシーンに似合うクルアがまさにクロスオーバーSUVといえるだろう。それが見事にカタチになって具現化されたのがXVだ。

具体的には、まず目に付くのがその専用バンパー。特にリヤはディフューザー状になった形状が車高の高さと相まってクルマの裏側が見えているようでワイルドさを感じさせる。さらにこの部分は、デパーチャーアングル(=バンパーをこすらずに急坂からの脱出が可能な角度)を大きくしているイメージを表現し、悪路走破性をの良さを象徴するひとつのアイキャッチとなっている。

また、タイヤの上部に取り付けられるマットブラックのホイールアーチも、タイヤ径を大きく見せる効果があり、まるで大きな障害物をものともしないかのような印象を与えてくれる。XV専用ホイールも、まるでコンセプトモデルに付けられていそうなデザインで“らしさ”を主張している。

車高は一般的な多くの立体駐車場に停められるという1550mm(ルーフレール無しの場合)ながら、そう感じさせないデザインが成功している。

組み合わされるドライブトレインは冒頭にも述べた水平対向エンジンとシンメトリカルAWD。低い重心高はスポーツカーに限らず、走らせるすべての乗り物に共通して歓迎される。水平対向エンジンはこれを実現するポテンシャルが最も高い。

そして、シンメトリカルAWDは4つのタイヤで駆動力を地面に伝えることで最も効率良く車両を前進させることができるシステムである。悪路で有利なのはもちろんだが、例えば滑りやすい雨の路面でも、4本のタイヤでクルマを走らせるのは安定性という点で優れている。スバルのアイデンティティがXVのそれと見事にマッチしているわけである。

エンジンは新世代の水平対向4気筒、2リッターで、チェーン式のCVTと組み合わされ、2リッターのAWDガソリンエンジン車としてはトップレベルのは15.8km/L(Jc08モード)という好燃費をマークしている。

当然のようにEyeSight II搭載モデルも用意され、「ぶつからないクロスオーバーSUV」を実現しているのもスバルらしい。“冒険”に疲れた帰り道が渋滞していても、追従機能を持ったEyeSight IIがあれば、リラックスして帰路につけるアドバンテージがあるわけだ。

価格はベーシックな2.0iの219万4500円からEyeSight IIを装備する2.0i-L EyeSightの246万7500円まで。例えば最上級モデルで単純比較すると、インプレッサの2.0i-S EyeSightの233万1000円とは13万円強の価格差がある。装備面ではHIDヘッドライト、リヤフォグランプのアリ、ナシくらいしかカタログからは見えてこないかもしれない。しかし、専用のサスペンション、シート表皮など、単にあるかないかの判断ではない、質感や手触りなど、オーナーが満足する“いいもの感”を演出するのにその差額が費やされているようだ。

水平対向、AWD、EyeSight・・・スバルのアイデンティティが詰まったXV。移動の手段なんかなんでもいい、とは思えない、自分自身の時間を大事にしたいというポリシーを持った人にはその良さが伝わりそうだ。

■スバルインプレッサXV価格
・2.0i 2,194,500円
・2.0i-L 2,362,500円
・2.0i-L EyeSight 2,467,500円

■関連リンク
SUBARU XV

http://news.livedoor.com/article/detail/6995180/
※表示 - 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)