トップ

UQコミュニケーションズ、TD-LTE互換のWiMAX Release2.1規格を採用した次世代通信サービス「UQ WiMAX 2+」を導入へ

エスマックス - livedoor ニュース2012年10月31日 15時55分

UQコミュニケーションズ、TD-LTE互換のWiMAX Release2.1規格を採用した次世代通信サービス「UQ WiMAX 2+」を導入へ

UQコミュニケーションズは31日、WiMAX ForumがWiMAX Release2.1規格を30日に発表したことに伴い、同社が展開するモバイルWiMAXサービス「UQ WiMAX」においても、次世代サービス規格として、このWiMAX Release2.1規格を採用する方向で検討に入ることを発表した。

WiMAX Release2.1規格はこれまでのWiMAX規格との親和性確保と高速化を図る一方でTD-LTE方式との互換性も確保し、エコシステム構築を目指した規格となる。

現在、同社が採用しているのはWiMAX Release1.0規格。今後WiMAX Release2.1規格を導入することで高速化だけでなくTD-LTE方式との互換性を確保する。これまでのWiMAXサービスもシームレスに利用できる次世代WiMAXサービス「WiMAX 2+(「ワイマックスツープラス」仮称)」の提供を目指す。

121031_uqwimax2_02

同社は、総務省に新たな20MHz幅の周波数割当を求めており、新規周波数帯域が獲得できればWiMAX Release2.1規格をその周波数帯域に導入する予定。

記事執筆:2106bpm(つとむびーぴーえむ)

http://news.livedoor.com/article/detail/7097309/
※表示 - 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)